生活と祈り

2020年 厄年厄除・八方塞がり厄除祈願祭|Player/Remove Evil

「厄年」は古くは平安時代から人生の節目をとして忌み慎む習わしがあります。人生には数々の節目があり、いいことばかりでも、よくないことばかりでもありません。厄除けの御祈願は、よくない運気の流れを変え、よい運気を導くものです。 厄祓いは神社でおこなうイメージが定着していますが、実はお寺でも「厄除け」をおこなっています。「厄年」を迎える頃というのは、 ちょうど精神的・身体的・社会的に転換期を迎える時期と重なり、生活や仕事、体調などさまざまな面で変化が現れやすい年回りとされています。 また、毎年、八方塞がり除けのご祈願をお受けになる方々が増えて参りました。9年に一度は、「八方塞がり」の年が巡ってまいります。人生にはリズムがあり、なかなか結果があらわれない、巡り合わせがよくない時期の場合もあります。これが八方塞がりの年で、9年に一度巡ってくるとされるのです。その歳は、数え歳で十の位と一の位の数字を足して10になる歳、例えば19歳、28歳、37歳、46歳、55歳、64歳、73歳などが八方塞がりの年となります。 いわゆる「厄年」も「八方塞がり」も「節目」ですので、 むしろ“ハレ”として捉え、厄除け祈願をとり行います。お寺での厄除け祈願は、一般の方はもちろん、喪中で神社へ行けない厄年の方からのお問い合わせも多いです。さまざまな災いからお守りいただきますよう「大難は小難に小難は無難に治め」無病息災 福慧増長 除厄無事 業障滅尽 息災消除 七難即滅 七福即生 哀愍護念いたします。 【厄年】数え年で、男性は25歳・42歳・61歳、女性は33歳・37歳・61歳です。その年の前年を「前厄」、厄年の次の年を「後厄」を合わせ、実際には一回の厄年が3年間続くことになります。※年齢は2019年1月1日からの数え年で表記しています 2020年(令和2年)の厄年年齢●男性厄年25歳 1996年(平成8年)生まれ  42歳 1979年(昭和54年)生まれ 大厄61歳 1960年(昭和35年)生まれ●女性厄年19歳 2002年(平成14年)生まれ  33歳 1988年(昭和63年)生まれ 大厄37歳 1984年(昭和59年)生まれ  61歳 1960年(昭和35年)生まれ男性の42歳、女性の33歳は大厄といい、とくに凶事や災難にあう確率が高いとされ十分な注意が必要な年齢と言われます。 【八方塞がりの年】数え歳で十の位と一の位の数字を足して10になる歳、19歳 2002年(平成14年)生まれ  28歳 1993年(平成5年)生まれ37歳 1984年(昭和59年)生まれ  46歳 1975年(昭和50年)生まれ55歳 1966年(昭和41年)生まれ  64歳 1957年(昭和32年)生まれ73歳 1948年(昭和23年)生まれ  82歳 1939年(昭和14年)生まれ 厄除け時期は初詣から節分の間に執り行うことが多いです。当寺は令和2年度は1月19日(日)26日(日)の両日13:00より厳修致します。本厄でなくても厄年は前厄・後厄の場合でも承ります。 【対  象】 厄年・八方塞がりの方どなたでも(宗教・宗派を問いません)ご希望の方は受付にてお申し付けください。【厄除けへ行くときの服装】特に決まりはありません。【祈願料と所要時間】金額はお賽銭やお布施と同じく「喜捨」するものですので決まっていませんが、大体5000~10000円が多いようです。祈願の時間は大体30~40分くらいです。不安なことは予約の際にお聞きくださいませ。 お問合せ 【TEL】 092-761-1454     【mail】 ennouji.temple@gmail.com 1月19日 日 13:00 厄年厄除・八方塞がり厄除祈願祭① 2020年度1月19日 厄年・八方塞がり厄除祈願祭①宗教 event in 福岡市 by 圓應寺 on 日曜日, 1月 19 2020www.facebook.com 1月26日 日 13:00 厄年厄除・八方塞がり厄除祈願祭② 2020年度1月26日 厄年・八方塞がり厄除祈願祭②宗教 event in 福岡市 by 圓應寺 on 日曜日, 1月 26 2020www.facebook.com

照福山顕光院圓應寺円応寺)-福岡は、黒田官兵衛の妻、光姫が開基した、浄土宗の黒田家菩提寺です。

このサイトは、圓應寺副住職三木英信が「圓應寺Buddhist Memorial」と題し、安産祈願・成人式・七五三・仏前結婚式などの「冠婚」…感謝と誓い、お寺での葬儀・先祖・永代・水子・ペットの供養などの「葬祭」…供養と祈り、そして生活の中での厄除祈願・開眼式・お焚き上げなどをご案内掲載致しております。

シェアする
wpmasterをフォローする
圓應寺 Buddhist memorial
Copied title and URL