寺「葬」送りの儀

生きているということは、死に向かっているということです。
わたしたちは、この世に生を受けた瞬間に必ず死を迎えることを、それを定めとして生活をしています。
身近な方が「死」を迎えたとき、「葬儀」とは、改めて「いのち」について考える大切な時間となります。

初七日~六七日 7day~67day

初七日~六七日 初七日から七日毎の追善供養 日本の仏教には中国から伝わった、死者を弔い祖先を大切にするという日本の良き伝統習慣が色濃く残っています。死者は七日ごとにあの世で裁きを受け、この旅の最後に来世の生まれ変わり先が決まると考えられています。インドにおいては、四十九日の期間を過ぎると輪廻転生して、生まれ変わると考えていました。七日ごとの裁判の日に法要を行…

照福山顕光院圓應寺円応寺)-福岡は、黒田官兵衛の妻、光姫が開基した、浄土宗の黒田家菩提寺です。

このサイトは、圓應寺副住職三木英信が「圓應寺Buddhist Memorial」と題し、安産祈願・成人式・七五三・仏前結婚式などの「冠婚」…感謝と誓い、お寺での葬儀・先祖・永代・水子・ペットの供養などの「葬祭」…供養と祈り、そして生活の中での厄除祈願・開眼式・お焚き上げなどをご案内掲載致しております。

シェアする
wpmasterをフォローする
圓應寺 Buddhist memorial
タイトルとURLをコピーしました