仏前「婚」の儀

仏前結婚式-Buddhist Wedding-

古から「縁むすびて家族となり、子を授かりて未来をつなぐ」と言われています。
「縁談が整う」という言葉は「因縁」という仏教用語に由来しています。
仏式の結婚の特徴は“縁”を大切にすること、“縁”に感謝すること、そしてその“縁”を社会に還元することを誓うことです。
最近の結婚式は『じみ婚』といわれていますが、それはどうやら披露宴であって、むしろ結婚式については、もっと盛大にしたいという『本物指向の傾向』の人が増えているようです。
このような結婚式の傾向とともに、一方では仏式の結婚式への関心が高まっているようです。
いざ仏前結婚式をやろうとするとわからないことだらけでご不安でしょうが、心配することはありません。ご安心してその日をお迎えでいますように、お打合せ、難しくない作法などのレクチャーをいたします。 人生の節目に由緒正しい圓應寺の「仏前結婚式」をおすすめいたします。

仏前結婚の儀

“行華” それはお釈迦さまに生まれかわった青年とある少女の物語 新郎は新婦から贈られた5本、新婦は2本の花を仏前に捧げます それが結婚の証し・・・ ~参進の儀~ 現在・過去・未来・・祝福の散華に彩られ 三世の幸せを皆さまと共に ~献香・聖水灌頂~ 身を清め 香を供え、仏さまの智慧の聖水を受ける 来世でもお二人が特別になるとき ~壽数の交換~ 両家のご両親を中…

照福山顕光院圓應寺円応寺)-福岡は、黒田官兵衛の妻、光姫が開基した、浄土宗の黒田家菩提寺です。

このサイトは、圓應寺副住職三木英信が「圓應寺Buddhist Memorial」と題し、安産祈願・成人式・七五三・仏前結婚式などの「冠婚」…感謝と誓い、お寺での葬儀・先祖・永代・水子・ペットの供養などの「葬祭」…供養と祈り、そして生活の中での厄除祈願・開眼式・お焚き上げなどをご案内掲載致しております。

シェアする
wpmasterをフォローする
圓應寺 Buddhist memorial
タイトルとURLをコピーしました