「冠」-成長-

新しい生命とご縁を結う。新しい家族が一人増えることです。
お寺を尋ね、阿弥陀さまとご先祖さまに真っ先に感謝の報告しましょう。
感謝と悦びをみんなでお祝いしたいものです。成長をお祝いにお寺にお参りする。
この習慣こそが、「仏のちから」家族の絆を強くお守りするのです。

生 誕 birth

新しい生命とご縁を結う。新しい家族が一人増えることです。お寺を尋ね、阿弥陀さまとご先祖さまに真っ先に感謝の報告しましょう。感謝と悦びをみんなでお祝いしたいものです。成長をお祝いにお寺にお参りする。この習慣こそが、「仏のちから」家族の絆を強くお守りするのです。 子授け・子宝祈願 黒田官兵衛公の生涯ただ一人の室、みつさまは御年十五の時、官兵衛公のもとへ嫁ぎ、翌年十二月三日には、黒田家の後継ぎである松寿丸を授かります。このご遺徳におすがりしてあやかり、赤ちゃんをお授かりいたしましょう。圓應寺本尊であります、弥陀三尊さまと地蔵菩薩さまに御祈願いたします。 安産・胎教祈願 赤ちゃんを宿したならば、夫婦でお寺に行き、赤ちゃんに代わって仏さまに掌を合わせ、ご加護をいただくのが浄土宗での習わしです。申し子、 お授かり、 お宿り、 といったことばは古来からの妊娠を意味することばです。こうした「いにしえ」からの表現も私たちの力が及ばないようなものによって、赤ちゃんを授かったという言い回しだということに気付かされます。こうした自覚を持って、 阿弥陀さまの前で戒をうけることで日々の安心を母親が、そして父親が持つことによって、胎教の準備ができたと考えてください。親の精神の安定があっての最初の子育て、つまり胎教がこの受戒から始まるのです。五カ月目の戌の日に、阿弥陀さま、観世音菩薩さま、地蔵願王尊さま等一切の三宝に安産無事ということで母体の健全と、胎中の安穏、産生福子をお祈りいたします。お母さんは赤ちゃんの胎動を一番よくしり、感じ、また赤ちゃんもよくお母さんの心を感受します。だからこそ身を安らかにたもちながら、善き言を口にし、善きことを念わば、赤ちゃんはそれをまた善く感受して、安穏に生長していきます。言いかえれば、安産の御祈願は最高の胎教の一つでもあるのです。 生誕祈願 初詣り法要 赤ちゃんを授かって、男児は30日目、女児は31日目頃に初めて両親と赤ちゃんがお寺に参拝し、無事な出産を感謝して、ご先祖さまに報告し健やかな成育を願います。 百日参り法要 地域によっては100日目に行うところもあります。赤ちゃんの体調などを考え期日の前後で最良の日を選びお参り下さい。 初詣りのお礼(一年)参り 翌年、赤ちゃんが産まれて初めての誕生日にお寺に詣り、無事に1年を迎えたことの喜びや感謝を仏さまにご報告と益々のご加護をお祈りされてはいかがでしょう。 節句法要 生まれてから初めて迎える節句を「初節句」といい、子供の健やかな成長を願うとともに、厄除けの意味も込めてお祝いします。 雛祭祈願 立春頃から飾る雛人形は元々、草や藁、紙などで作った「ひとがた」の体を撫で穢れを移し、それを川に流したり、海や山へ出て一日を過ごし、桃などの自然の生命力をもらうなどして健康を祈って厄災を祓います。 女の子は3月3日の「桃の節句」に雛人形を飾り、ちらし寿司や甘酒などをいただきます。桃の節句を前に極楽世界の心地よい風や空を観ずることができる「阿弥陀経」や極楽世界を観想する「観無量寿経」にて健康を祈り、厄災を除ける祈願もいいでしょう。 端午の節句祈願 5月5日の「端午の節句」に鯉のぼりや武者人形などを飾り、邪気をお祓いするとされる菖蒲の茎をいれた菖蒲湯に入ります。「菖蒲」から同じ読みの「尚武」に通じるとして“身を守る”「武具」を飾り、たくましく立派に育って、災害や病気、事故などから身を守っていただけますようという思いの節句に、戦国を生き抜いた黒田家にあやかり、心身健全、無病息災を御祈願いたします。

おてらおめかし 七五三法要|成長祈願

幼児の成長期における重要な儀礼の一つです。かつて幼児の死亡率が高かった江戸時代に、 成長の節目毎におこなわれはじめ、男女児とも三歳を髪置(かみおき) といい、幼児が頭髪を始めてのばす儀式、男児五歳 を袴着(はかまぎ)といい、幼児にはじめて袴を着せる儀式、女児七歳を帯解(おびどき)、帯結(おびむすび) また は紐落(ひもおとし)といい、 幼児がそれまでの付帯をやめ、はじめて帯を用いる祝の儀式、それらの祝いとして、それまでの一つ身の着物から三つ身、四つ 身などに着替えたり、新しい帯をしめて神仏などに参拝をするものでした。 七歳までは、その間のおこないはとがめられないとされていた幼児が、この時期に社会の 成員として承認される祝いです。 また、親が家事を教えはじめるのもだいたいこの時期からであり、明治以来の義務教育 が七歳(満ならば六歳)からはじめられているということはとても意義深いものです。七五三が三歳、五歳、七歳という年齢に固定されたのは、奇数を陽とする中国の影響 ともいわれています。 毎日、明るく元気でいさせていただく、そのお子さまの成長ぶりをご両親はじめ、有縁のみなさまはこよなき幸せとして感じてくださっていると思われます。思いを深めてみると、ご家族がぐっすり寝込んでいらっしゃるときも、仏さま、ご先祖さまが加護していただいている賜物であると気付き、感謝して祈願いたしましょう。 七五三お祝い祈願によりまして、阿弥陀さまの慈悲の光につつまれ、だれもがみんなほとけの子となります。 ほとけの子は明るい、あたたかい。ほとけの子はつよい、くじけない。ほとけの子は人と人の深い絆にむすばれる。おさない生命が鼓動するこのひと時に、仏の智慧 慈悲をはぐくむ。 ヒトが人としてあるための人間の根っこを、深く広くたくましく育てる。からだに、こころに、生きる力とやさしさを。歓喜、躍動、挑戦。いのち踊る体験のくりかえしで、あたたかく、しなやかでゆるぎない人に成長いたします。 また、親子の「着付け」や「記念アルバム」もご希望の方は承っております。平穏無事に生かされている感謝を七五三祝いの節目で圓應寺にてされてはいかがでしょうか。 七五三法要は 千歳飴の授与があります。 ・着物レンタル・着付・撮影などご相談くださいませ。 おてらおめかし 七五三撮影・法要宗教 event in 福岡市 by 圓應寺 and 円応寺 on 土曜日, 11月 9 2019www.facebook.com

照福山顕光院圓應寺円応寺)-福岡は、黒田官兵衛の妻、光姫が開基した、浄土宗の黒田家菩提寺です。

このサイトは、圓應寺副住職三木英信が「圓應寺Buddhist Memorial」と題し、安産祈願・成人式・七五三・仏前結婚式などの「冠婚」…感謝と誓い、お寺での葬儀・先祖・永代・水子・ペットの供養などの「葬祭」…供養と祈り、そして生活の中での厄除祈願・開眼式・お焚き上げなどをご案内掲載致しております。

シェアする
wpmasterをフォローする
圓應寺 Buddhist memorial
Copied title and URL